ここから本文です

NHK桑子真帆アナ 結婚で「フリー転身」加速か

東スポWeb 5/13(土) 11:03配信

“寿フリー”か――。11日に一部で報じられたNHK「ニュースウオッチ9」のメーンキャスター・桑子真帆アナウンサー(29)とフジテレビの谷岡慎一アナ(30)の結婚は、同日に双方が認めてニュースが広がった。2人はかねて交際中で、桑子アナの30歳の誕生日の30日に入籍する。桑子ファンのお父さん世代からはショックを受ける声も上がる中、結婚によって同アナが「フリーに転身する」との見方が急浮上した。

 11日夜放送の「ニュースウオッチ9」の最後で、共演の有馬嘉男アナ(51)から「今日は祝福の言葉がたくさんあったでしょう」と言われ、桑子アナは「今日は、最後(のエンディングコーナーの尺)が長いなと思ってました」と顔を赤らめながら語った。

 続けて有馬アナが「番組はボクらがこれからもパートナーです」と語ると、桑子アナは「これからもよろしくお願いします」と頭を下げ、結婚報告を終えた。間違いなくいつもより笑顔が輝いていた。

 桑子アナの人気はいまや国民的とまでいわれている。2015年から昨年までタモリ(71)と共演した「ブラタモリ」での素朴なツッコミと愛くるしい笑顔で大ブレークすると、今年4月からはNHKの看板番組「ニュースウオッチ9」のキャスターに抜てきされ“夜の顔”となった。

 それだけに、夫となる谷岡アナのフジテレビはお祭り騒ぎだ。「ニュースウオッチ9」に先立ち放送された同日昼の「直撃LIVEグッディ!」では「ごめんなさい。そのお相手とはこの人なんです」と自虐ナレーション。午前の「ノンストップ!」には谷岡アナが生出演し「守るべき人ができましたのでより一層、仕事に頑張っていきたいと思います」と語った。プロポーズの詳細も「(赤いバラの先端が指輪ケースになったものに)ここに婚約指輪を入れて渡して『結婚してください』と言い(桑子アナは)『はい。よろしくお願いします』と」などと語った。

 人気、知名度では“格差婚”となったが、おめでたい話題にもかかわらず、世のお父さん世代からは「ショック!!」「娘が嫁いだ気分」などの悲鳴に近い声が上がった。

 それでも結婚後、桑子アナの活躍の場はさらに広がりそうだ。かねてささやかれていたNHK退局→フリー転身の可能性が高まるからだ。

「『ブラタモリ』を卒業したころからフリー転身の噂が流れ、民放各局や芸能プロなどが水面下で動いてましたが、桑子にその気はなかった。でも、夫となる谷岡アナは『オレがサラリーマンアナとしてやるから、真帆はフリーになっていいよ』と勧めているそうです。『ニュースウオッチ9』のキャスターはこの4月になったばかりなので、すぐにとはならないでしょうが、区切りのいいところで退局するのでは」(芸能プロ関係者)

「ブラタモリ」で共演したタモリが「あの子は化けるよ。フリーでもやっていける」と桑子アナを絶賛したことで、芸能界全体で桑子アナの評価はうなぎ上りだった。

「美人とまでは言えないものの、その口調や表情は天性の親しみやすさがある。フリーになったらバラエティーから報道番組までいろんなオファーがあるでしょうし、清潔感からCMの出演話も殺到するのは確実。イメージ的にも近所のお姉さんから、若奥さんに変わるのも大きい。年収はすぐに億超えでしょうね」(広告代理店関係者)

 NHK退局後の所属先の具体的な名前も早くも浮上している。

「谷岡アナを通じてフジ系で、高島彩、滝川クリステルらが所属する事務所『フォニックス』入りが有力といわれたんですが、あまりに“フジ色”が強いので避け、元NHKアナの神田愛花や皆藤愛子もいる老舗の女子アナ事務所『セント・フォース』になりそうです」(民放関係者)

 とはいえ、NHKも黙ってはいないだろう。エースアナの流出は是が非でも避けたいところだ。

「幹部は、桑子を看板番組に抜てきしたばかりで、今後は一番人気の有働由美子アナに次ぐ、局を代表するアナに育てる意向。役職を引き上げて給料をアップさせたり、あらゆる手を使って引き留め工作をするでしょう」(NHK関係者)

 人妻となる桑子アナの決断はいかに。

最終更新:5/13(土) 11:03

東スポWeb