ここから本文です

優勝ゴールのバチュアイ「僕を手に入れるんだ!」サッカーゲーム『FIFA』の評価に言及

GOAL 5/13(土) 11:22配信

チェルシーがリーグ優勝を決めたアウェーのウェスト・ブロムウィッチ戦は、途中出場したベルギー代表FWミヒー・バチュアイの土壇場でゴール。この結果、チェルシーはリーグタイトルを手繰り寄せた。

試合後、バチュアイは自身のSNSで優勝ゴールの喜びを明かしている。

「こんなことが起こるなんて誰が予想できた? 神さえも予測できないヒーローになった! リーグタイトルの獲得を、今夜はファミリーと一緒に祝おう!!」

また、バチュアイはサッカーゲーム『FIFA』シリーズの熱心なファンとしても知られ、「これで『FIFA』のインフォームカードにならなかったら、『FIFA』はもう辞めてやる! 『FIFA』を楽しんでいる人は“ONES TO WATCH”で急いで僕を手に入れるんだ!」とツイート。

サッカーゲーム『FIFA』内における現実のサッカー選手の活躍に合わせてレーティングが変化する“インフォームカード”(好調な選手が選出される)に自身が選ばれなかった場合は、『FIFA』を辞めると宣言している。
優勝を決定付ける決勝ゴールを決めたバチュアイは、今シーズンリーグ戦18試合に出場し、WBA戦のゴールを含めて2ゴール。すべて後半途中からの出場という“スーパーサブ”的な役割だが、優勝を決める大一番で大仕事をやってのけた。

GOAL

最終更新:5/13(土) 11:23

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合