ここから本文です

ガリクソン容疑者 解雇の可能性も…飲酒運転で逮捕、厳罰必至

スポニチアネックス 5/13(土) 6:01配信

 大阪府警南署は12日、大阪市内の路上で飲酒運転をしたとして、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、吉本興業所属のお笑い芸人ガリガリガリクソン(本名・坂本祐介)容疑者(31)を逮捕した。調べに対し「お酒を結構飲んだせいもあるが運転した記憶がない」と容疑を否認している。

【写真】女装姿のガリガリガリクソン容疑者

 同署によると12日午前6時58分、大阪市中央区の堺筋沿いの歩道から80センチほど離れた車道に「パンクした不審車両が止まっている」と通報があった。警察官が駆けつけると、エンジンがかかったままの車内で、同容疑者が運転席のリクライニングを倒して寝ていた。ドアをノックして起こしたところ驚いた様子だったという。

 呼気から基準値を超えるアルコールが検出され、付近の防犯カメラから同容疑者が運転していたことを確認した。車は同容疑者名義の普通乗用車で、走行中にどこかにぶつけたのか右側の前後輪が共にパンク。右前のバンパーにも新しくこすった跡があった。取り調べには素直に応じており、関係者によると、接見した弁護士にも「本当に何も覚えていない」と話しているという。

 関係者によると、同容疑者は11日夜に大阪・難波での劇場公演を終えて、自転車でいったん帰宅後、車で外出し知人らと飲酒した。普段は飲酒後、後輩芸人や代行業者に運転を任せていたようだが、この日はなぜか自身で運転したとみられる。芸人仲間らからは「お酒に強く、酔っぱらって羽目を外すタイプでない」という驚きとともに、「ばかで許されない行動。甘えの表れ。猛省してほしい」と厳しい声も上がった。

 吉本興業では2月、NON STYLEの井上裕介(37)が道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで書類送検され、3カ月半謹慎したばかり(3月に不起訴処分)。同社は同容疑者について「司法の判断を待ち、厳正に対処する」とコメント。関係者は今後について「解雇や無期限謹慎を含め厳しい処分になるのではないか。謹慎にしても、井上より長くなることは間違いない」と話した。13日に出演を予定していた京都・よしもと祇園花月でのイベントは、皮肉にも「ゴシップについて語ろうか?人生アクシデントだらけ」の副題が付いていた。

 ◆ガリガリガリクソン 本名・坂本祐介。1986年(昭61)2月19日、兵庫県生まれ。関大第一高、放送芸術学院(現放送芸術学院専門学校)を経て吉本興業のタレント養成所・NSC(吉本総合芸能学院)23期。同期には友近(43)、三浦マイルド(39)らがいる。眼鏡にマッシュルームカットという特異なファッション、身長1メートル76、体重108キロの体形が特徴。ニート漫談で人気となり、ピン芸人No.1を決める「R―1ぐらんぷり」では準決勝の常連。酒好きで知られる。ラーメンにも詳しく、ラーメン店をプロデュースしていたことも。最近では「幸福の科学」に出家した女優・清水富美加(22)との親交が話題に。

最終更新:5/13(土) 10:19

スポニチアネックス