ここから本文です

チェルシー勝利で6度目の王座! DFケーヒル「これほど素晴らしい気持ちはない」/プレミア

ISM 5/13(土) 10:52配信

 イングランド・プレミアリーグは現地時間12日(以下現地時間)に2試合が行なわれ、首位チェルシーが8位ウェストブロムに1対0と勝利。2シーズンぶりのリーグ制覇を達成した。

 勝てば自力での優勝が決まる状態で敵地に乗り込んだチェルシー。しかし、低い位置で守備ブロックを作るウェストブロムを前になかなか得点を奪えない。この展開に、点が欲しいコンテ監督はアザール、ペドロを下げてウィリアン、バチュアイを投入する。

 するとこの采配が的中。82分、アスピリクエタのクロスにバチュアイが合わせ、ついにチェルシーが均衡を破る。試合はこのまま終了し、バチュアイのリーグ戦9カ月ぶりのゴールで、チェルシーが3ポイントを獲得した。

 これで勝ち点を87に伸ばしたチェルシーは、2位トッテナムとの差を10に広げ、2試合を残して過去3シーズンで2回目、通算6度目のリーグ制覇を成し遂げた。また、コンテ監督はプレミアリーグ初年度でチームを優勝に導いた史上4人目の監督となった。

 試合後、ゲームキャプテンを務めたDFケーヒルは「一貫して、僕らがリーグのベストチームだった」「サッカーにおいてこれほど素晴らしい気持ちはない。僕らのことをチームとしても個としてもダメだと言っていた人たちをこれで黙らせることができる」と、プレミア制覇を喜んでいる。

 なおチェルシーは、FAカップでも決勝に進んでおり2冠の可能性がある。27日に行なわれる決勝では、聖地「ウェンブリー・スタジアム」でアーセナルと激突する。

 また、この日行なわれたもう1つの試合では、7位エヴァートンが15位ワトフォードにバークリーのゴールで1対0と勝利している。(STATS-AP)

最終更新:5/13(土) 10:52

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合