ここから本文です

「母の日」に特殊詐欺防止を=メッセージカードで訴え―愛知県警

時事通信 5/13(土) 4:56配信

 高齢者を狙った特殊詐欺が後を絶たない中、愛知県警中川署は14日の母の日を前に、母親に贈るメッセージカードを作成した。

 子供と別居する母親が被害に遭いやすく、日ごろから電話で連絡を取り合うよう勧めている。

 メッセージカードは署員の手製。名古屋市中川区の洋菓子店や生花店などの協力を得て、購入客に配布するキャンペーンを8日から実施した。

 A5判カードの表面には母親へのメッセージを自由に記入する。裏面には「困ったら、迷ったら電話して!! 」の言葉とともに、自分の携帯や勤務先の電話番号を書く欄を設け、中川署の番号も記載した。母親に郵送し、電話機の近くに張ってもらうことを想定している。

 洋菓子店で10日、横浜市の母親に贈る菓子を購入した堀田広美さん(49)は、店内でカードに記入。母への思いをつづりながら、「普段の連絡はメールで済ませがちだが、電話をしてみようと思う」と話した。

 宇佐美孝一・中川署長は「親に電話で声を聞かせ、近況などを話してもらうことが被害防止に大切」と強調している。 

最終更新:5/13(土) 12:48

時事通信