ここから本文です

和光市長選14日告示 埼玉

産経新聞 5/13(土) 7:55配信

 任期満了に伴う和光市長選は14日に告示される。ともに無所属で、3選を目指す現職の松本武洋氏(47)と新人で食肉卸会社社長、大沢雄一氏(52)が出馬の準備を進め、一騎打ちとなる公算が大きい。

 松本氏は2月、「日本一住みたいまち実現への礎を確実なものにしたい」と出馬を表明。「さらなる改革が必要」と市政の継続を訴え、和光市駅北口土地区画整理事業や企業誘致の推進などを掲げている。

 大沢氏は4月、「行財政改革を推進し、住みやすい和光市をつくりたい」と出馬を表明。廃棄物処理施設の老朽化など行政の対応の遅れを指摘し、福祉政策の充実や市財政の健全化、規制緩和などを訴えている。

 投開票は21日。有権者数は3月2日現在6万6280人。

最終更新:5/13(土) 7:55

産経新聞