ここから本文です

【フォーミュラE】片山右京が語るモナコ大会 地上波、BSでも放送

TopNews 5/13(土) 20:14配信

フォーミュラEは第5戦を迎え、シーズン1で初開催されたモナコ・モンテカルロ大会が2シーズンぶりに開催される。

●【フォーミュラE】片山右京が語る前戦メキシコ大会 モナコ大会は地上波、BSでも放送

■片山右京が語る、モナコ モンテカルロ大会のみどころ

Q:シーズン1のモナコでは初めてブエミがポールトゥウィン、ディ・グラッシが2位。

A:フォーミュラEで初めてポールトゥウィンを成し遂げたのがブエミ。その時の2位になったのもディ・グラッシ。
最近ちょっと存在感が出てないですけどピケを挟んではダンブロシオがいてバードがいて、それを見ればシーズン3になっても主役を張っている。市街地レースの代名詞といえるモナコでもたぶんこの争いは変わらずにますますチャンピオンシップのポイント争いは激しくなるんだなっていう気がします。

Q:さらに前回は7台がリタイアしたというフォーミュラE史上最多リタイアの記録も残るコースなんですよね。

A:通常の市街地サーキットとは違ってモナコはちょっと特別でアモコバリアって呼ばれるガードレールとコンクリートブロックにガードレールが付いてるものが多く、サスペンションがちょっと当たってもF1用に出来ているウォールなんでフォーミュラEのマシンはダメージを負う。

コースがフルコースではないので、サンデボーテを曲がったところでタイトに曲がってトンネルに向かって下って行くんですが、そこがものすごい狭くて、一昨年はアプトが壁に接触して後ろの車は行き場所が無くなって、そこに乗り上げたセナが空を飛んだりしました。

F1の時よりもレイアウト的には厳しい分、逆にオーバーテイクが可能な形になってるので、1コーナーやラスカスに向かうブレーキングでもオーバーテイクがありましたから、前回のメキシコよりはブレーキングで飛び込むとか、ラインをクロスさせて抜くとか、ストレートエンドでスリップから出てブレーキングで通常のオーバーテイクをするというのは、トンネルの前のヘアピンでも可能です。

Q:予選のトップ10が最終的にトップ10に入った事で抜きにくいコースであることは間違いないですか。

A:アクシデントとかで順位が変わりやすくリスクが高いという事は言えますけど、ただトップのドライバーがしっかりしていて後ろをコントロールしながら走っていれば抜くのは難しいですね。
一昨年もディ・グラッシは前回と同じようにアンダーカットに行って抜きには入ったけども、すぐにそれに対応してブエミも入って逆に鼻先で戻った事を考えると、通常の作戦でいったらやっぱりモナコは抜きにくいサーキットだと言えますよね。

Q:予選からかなりエキサイトしてくると思いますが、メキシコでは予選で段階から番狂わせが多かった。

A:コースがフリー走行とコンディションが違って滑りやすかったとかいう事、次第にクリーン状態からラバーが乗って普通はグリップして走りやすくなるのが、コンディションが目まぐるしく変わって読みにくかったのですけど、モナコの場合は最初はとてつもなく悪いのが段々良くなっていくんですよ。
フォーミュラ E の場合にはタイヤがスリックではないので進化度がF1に比べると低い。ラバーが乗ってもグリップが出てくるわけではないので、マシンのキャラクターから言って運転するのは難しい。でもそれも今回とは違うと思います。

Q:シーズン1ではスタート直後のクラッシュで大混乱。コース変更の無い今回のポイントは?

A:限られた立地に作られたサーキットなので、最初のポイントは1コーナーのサンデボーテから曲がってトンネルに下って行く狭い区間で接触を避けるのは不可能に近いので、そこをクリアするのが第1条件。無事にクリアするためには中段グループではなく予選で前の方につけるっていうのは最低条件ですかね。

リスクも含めて心配だけども面白い事は間違いないですよね。中段グループに埋もれていて1コーナーを無事にクリアできるコースレイアウトではないのでディ・グラッシにしてもブエミにしても、フリー走行からしっかりと予選のシミュレーションをして一発のタイムを出して、前からスタートして最初のヌーベルシケインのヘアピンを立ち上がってトップでタバココーナーに向かえば大きな大きなアドバンテージになりますね。

Q:右京さんの口から次々と名前の付いたコーナーの名前が出る歴史と伝統のモナコでのレースというのはモータースポーツファンにとっては本当に楽しみですよね。

A:伝統という意味で市街地サーキットの代名詞ですから、タバココーナーからビッシーヌからサンデボーテから全てが何度もいろいろなバトルがあった場所なので、そこで近代的な未来につながる今のフォーミュラEがまた新しいバトルを作っていく。伝統と未来とね、その名前の付いたコーナーをそういうマシンが走るというのは他のカテゴリーには無い新鮮な一面ですよね。

■【フォーミュラE】ドライバーズランキングTOP5
1 セバスチャン・ブエミ(ルノー e.ダムス) 76p
2 ルーカス・ディ・グラッシ(ABT シェフラー アウディスポーツ)71p
3 ニコラス・プロスト(ルノー e.ダムス) 46p
4 ジャン-エリック・ベルニュ(テチーター) 40p
5 サム・バード(DSヴァージン レーシング) 33p

■テレビ放映
2017年5月13日【土曜】「予選」よる6:50~よる10:20 CS テレ朝チャンネル2[生中継]
2017年5月13日 【土曜】「決勝」よる10:50~深夜0:30 CS テレ朝チャンネル2 [生中継]
2017年5月16日【火曜】「決勝ハイライト」よる11:00~11:54 BS朝日
2017年5月19日【金曜】「決勝ハイライト」深夜3:20~4:25 テレビ朝日

最終更新:5/13(土) 20:49

TopNews