ここから本文です

制裁決議の履行再考を=北朝鮮、国連全加盟国に書簡

時事通信 5/13(土) 6:53配信

 【ニューヨーク時事】北朝鮮の国連代表部は12日、国連の全加盟国とオブザーバー国家に対し、安保理の北朝鮮制裁決議の合法性が明確になるまで、決議の履行を「再考」するよう求める書簡を送ったと発表した。

 書簡は11日付。米国は北朝鮮包囲網の構築に向け、決議の完全履行を加盟国に迫っており、書簡にはこれを阻止する狙いがあるとみられる。

 北朝鮮は、米国の支配下にある安保理の決議は違法だと繰り返し主張し、合法性を調べる組織の設置を国連に要請しているが、実現していない。書簡は、安保理の北朝鮮制裁委員会が決議への理解を深めるため地域別に開いている会合を批判し、会合を米国による「敵対的行為」と訴えた。 

最終更新:5/13(土) 7:00

時事通信