ここから本文です

ロ大統領、北朝鮮問題で「建設的な役割」果たす 韓国大統領と電話会談

ロイター 5/13(土) 6:44配信

[ソウル 12日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は12日、韓国の文在寅大統領と電話会談を行い、北朝鮮の核問題の解決に向けロシアは「建設的な役割」を果たしていく用意があることを伝えた。韓国大統領府が明らかにした。

文氏によると、プーチン氏は北朝鮮の非核化に向けロシアは建設的な役割を果たしていくとの意向を示した。

文氏はこれに対し、韓国と北朝鮮との間の協議のほか、朝鮮半島の非核化に向けた6カ国協議の早期再開を望むと伝えた。ロシア、日本、中国、米国も含む6カ国協議は2008年以降開催されていない。

このほか、文氏とプーチン氏は相互に公式訪問を要請。文氏はロシアに近く特使を派遣することも伝えた。

文氏はこの日、英国のメイ首相とドイツのメルケル首相ともそれぞれ電話会談を行った。韓国大統領府によると、文氏は北朝鮮の核開発プログラムをめぐり協力を要請し、両首脳とも協力を確約した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:5/13(土) 6:44

ロイター