ここから本文です

(問う「共謀罪」 言論人から)思考停止の雰囲気、それでいいのか 江川紹子さん

朝日新聞デジタル 5/13(土) 16:00配信 有料

 ■ジャーナリスト・江川紹子さん(58)

 オウム真理教の暴走は共謀罪では防げなかった。
     ◇
 「共謀罪があれば、地下鉄サリン事件(1995年)は防げた」という声を耳にするが、それは間違いだ。教団の関与が疑われる事件は数年前から各地で起きていた。それらを真摯(しんし)に捜査しなかった警察の姿勢こそが問題だった。89年の坂本堤弁護士一家殺害事件も、当時の警察幹部は「失踪」との見立てにこだわった。一連の捜査の失敗が教訓として生かされているのかも疑問だ。
 たしかにテロ対策は必要だ。ただ、共謀罪がなぜテロを未然に封じるのに有効か、政府の説明が不十分だ。……本文:1,328文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:5/13(土) 16:00

朝日新聞デジタル