ここから本文です

【ヴィクトリアM】ルージュバックが好仕上がり 昨年と同じ7番枠から無念晴らす

デイリースポーツ 5/13(土) 6:03配信

 「ヴィクトリアマイル・G1」(14日、東京)

 五十音順に回される抽選器の中に、馬番の書かれた玉はもう二つしか残っていなかった。7番と14番。ルージュバックの番を迎えて玉はカラカラと音を立てるだけで、なかなか出てこない。抽選器の回される速度を落としてようやくコトリという音が響いた。「ルージュバックは7番」。事実上、ゲートの並びが全て決まった。

 5着に敗れた昨年と全く同じ4枠7番。4枠は、過去11回のヴィクトリアマイルでまだ勝ち馬の出ていない枠だが、2着した2頭はいずれも12番人気の人気薄からの連対例だ。決して悲観するデータではない。

 もっとも大竹師は素っ気ない。「枠はどこでもと思っていた。気にしていません。作戦はジョッキーに任せるだけ」。入厩から出走までの短い間で、自らの役割を果たしきった自負があるのだろう。

 12日朝は午前8時半ごろに、軽く美浦坂路で4F66秒6-15秒4。体の張りは依然として良く、毛ヅヤも目立つ。「追い切りをやって気持ちがさらに1段上がっているね。負荷をかけてもはね返している」とトレーナー。動きも依然として柔らかく、好仕上がりでレースに臨めるのは間違いない。

最終更新:5/13(土) 7:49

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ