ここから本文です

クロップ監督、CL出場権のメリットを語る 「クラブとしては利益も追求しなくては」

ISM 5/13(土) 14:07配信

 イングランド・プレミアリーグで熾烈なチャンピオンズリーグ(以下CL)出場権争いを繰り広げるリヴァプール。ユルゲン・クロップ監督は現地時間12日(以下現地時間)、CL出場権を獲得した場合のメリットについて語った。

 現在プレミアで36試合を消化し勝ち点70で3位につけるリヴァプールは、4位マンチェスターCとは1ポイント、5位アーセナルとは4ポイント差。しかし、両者が1試合多く残していることから、まだ安心はできない。取りこぼしがあった場合、ライバルの結果次第ではCL出場圏外でシーズンを終える可能性もある。

 クロップ監督は会見で「我々の置かれている状況は分かっている。選手たちはCLという素晴らしい大会を戦いたがっているし、私もそれは同様だ」と大会への想いを口にした。

 CL出場権を獲得できるかどうかで夏の買い物リストも変わってくるが、「我々が話をしている選手たちは非常に良いプレーヤーなので、多くのクラブが関心を示していることは知っている」「CLに出れば多くの収入を得られることはみんな知っている。CLは確かに素晴らしく刺激的だが、競技面での大きなチャレンジということだけではなく、重要なのはクラブが多くの収益を上げられるということ。クラブとして、我々はそちらも追求しなくてはならない」と、実益についても話をした。

 リヴァプールは14日にウェストハムと敵地で対戦する。ウェストハムはリーグ戦ここ5試合負けなしで、前週には2位トッテナムを本拠地「ロンドン・スタジアム」で破っており、難しい相手となる。クロップ監督は「彼らはとてもアグレッシブで、守備はとても良く、チャンスをモノにしていた」と、好調を維持するウェストハムへ警戒心を強めている。(STATS-AP)

最終更新:5/13(土) 14:07

ISM