ここから本文です

<環水平アーク>長野市で珍しい「逆さ虹」

毎日新聞 5/13(土) 10:24配信

 長野市で12日午前11時ごろ、弧の向きが通常と上下逆になった「逆さ虹」がみられ、行き交う人々が不思議そうに空を見上げた。

 長野地方気象台によると、逆さ虹の正体は、大気中の氷の結晶に太陽の光が屈折して現れる「環水平アーク」。水の粒が原因の虹とは別の、珍しい気象現象という。東から接近する低気圧によって、上空5~13キロで氷の結晶がつくる上層雲が発達したことが原因とみられる。【川辺和将】

最終更新:5/13(土) 11:01

毎日新聞