ここから本文です

1試合2発で覚醒予感も 日ハム・大田に向けられる疑いの目

日刊ゲンダイDIGITAL 5/13(土) 12:10配信

 左翼への先制2号に右中間に中押しの3号。左へ右へ、1試合2発で勝利に貢献したのがオフに巨人から移籍してきた日本ハムの大田泰示(26)だ。

 二回の先制ソロはチームタイ記録となる、1試合7本塁打の口火を切った一発。大田はお立ち台で「ホームラン、最高です!」と満面の笑みで雄たけびを上げ、左こぶしを天に突き出した。

 巨人時代は「素質だけは一流」と言われながら、開花せぬまま移籍。2本塁打は覚醒のしるしか。

 ある球団OBは「三つ子の魂百まで、とも言いますから……」と、こう話す。

「確かに巨人時代に比べて、打席で粘りは出てきた。以前のように外角の変化球で簡単に三振というケースは減っています。それでも、選球眼の悪さは相変わらず。この日のように甘い球は打てますが……。以前から『ポテンシャルは最高』と惚れ込んでいた栗山監督はともかく、1試合2発くらいでは、まだまだ周囲の信用は得られませんよ」

 この日のロッテ先発・涌井は6被弾。これは個人の1試合被本塁打のパ新記録。そんな投手からいくら打ったところで、覚醒と判断するのは早計だ。

最終更新:5/13(土) 12:10

日刊ゲンダイDIGITAL