ここから本文です

シニアサッカー 70チームが熱戦 14日まで掛川

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/13(土) 8:13配信

 40代から90代までが熱戦を展開する第6回県シニアサッカーフェスティバル(県サッカー協会主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が14日まで、掛川市の小笠山総合運動公園で開かれている。県内外の70チームが出場し、年代別にはつらつとしたプレーで汗を流す。

 80歳以上の「プラチナロイヤル」や40歳以上の「ボーイ」など6部門。20分ハーフで交代は自由。退いた選手も再度プレーできる。4チームずつに分かれてリーグ戦を行う。

 初日は70歳以上の3部門を実施。選手たちはピッチを広く使い、ロングボールに反応してサイドを勢い良く駆け上がった。強烈なミドルシュートや組織的なパス回しを繰り広げ、互いに健闘をたたえた。

 岐阜県から参加の男性(68)は「サッカーは高齢になってもみんなで汗を流せる。いつまでも続けるよ」と白い歯を見せた。

静岡新聞社

最終更新:5/13(土) 8:13

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS