ここから本文です

【NEW】奥田啓介“亀田と戦った旧友”の奮闘に「負けられない」

東スポWeb 5/13(土) 16:45配信

 IGFの新ブランド「NEW」の奥田啓介(25)が旧友の奮闘に刺激を受けて飛躍を誓った。

「オレはリングで死んでもいい。本気でそう思います」。奥田にここまでの覚悟をもたらしたのは高校時代からの旧友で現在は高校教師の松本諒太さんだ。村田さんはネットテレビ局で7日に放送された番組内で、ボクシング元世界3階級王者の亀田興毅氏と対戦。奥田はセコンドとして戦いを見守った。

 惜しくも松本さんは敗れたが、奥田は「高校の同級生が元世界王者に立ち向かっていったわけですからね。彼はプロじゃないんですよ。それでも向かっていった。その姿勢を見て“(松本さんに)負けられない”と思いました」と熱い口調で話す。

 さらに「戦いを見て(教え子の)高校生も勇気づけられたと思う。オレもやっぱりプロレスラーになった以上、子供に夢を与えたい。チャレンジするする姿勢を見せたい。そのためなら、リングで死んでもいいんですよ」と続けた。

 厳しい表情の奥田は「NEWを盛り上げるのはもちろんだけど外にも打って出ます」と改めて宣言。「ラウェイもいつでも出ます。条件さえ合えば、いつでも。今も毎日シュートボクシングのジムに通って練習してます。RIZINも、いつでもいいですよ。“明日出てくれ”と言われても条件が合えば出ますよ。条件? 金銭です」と闘志をみなぎらせた。

 NEWでは青木真也との2連戦に続き12日の栃木大会では船木誠勝と対戦。3連敗となったが、一歩も引かない熱いファイトで観客をわかせた。激しい戦いを続ける奥田の動向から今後も目が離せそうにない。

最終更新:5/13(土) 16:45

東スポWeb