ここから本文です

サッカー=レスター監督、オフの戦力補強に言及

ロイター 5/13(土) 13:15配信

[12日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、岡崎慎司が所属するレスターのクレイグ・シェークスピア監督は来季に向けて、戦力補強にクラブ史上最高額の投資を行うかもしれないと述べた。

レスターは優勝した2015─16年シーズン終了後、アーメド・ムサやイスラム・スリマニらの獲得に5500万ポンド(約80億円)以上の資金を投じた。

シェークスピア監督は報道陣に対し、このオフの戦力補強に費やす金額がクラブ史上最高額に達するかもしれないとコメント。「チームに大規模なてこ入れは必要ないが、数人が入れ替わると思う」と語った。また、「複数のチームが戦力補強に多額を投資した。それが順位表に表れている」とも話した。

レスターは今季3試合を残して暫定9位。13日に敵地でマンチェスター・シティーと対戦する。

最終更新:5/13(土) 13:18

ロイター