ここから本文です

サッカーU-20代表・小川航基 久保効果で覚醒

東スポWeb 5/13(土) 16:45配信

 U―20日本代表のエースFW小川航基(19=磐田)が12日、静岡県内で行われたJ1磐田との練習試合(30分×2本)でゴールを決め、1―0の勝利の立役者となった。

 0―0の前半24分、シュートのこぼれ球に反応してゴールネットを揺らした。「ジュビロとやるのは不思議な感覚だったけど、自分のゴールで勝てたのは自信になる」と目前に控えるU―20W杯(20日開幕、韓国)に向けて胸を張った。

 2トップを組んだFW久保建英(15=FC東京U―18)ともかみ合った。「タケ(久保)は(中盤に)落ちてゲームをつくることもできる。自分はボックスストライカーなので絡まない動きができるけど、そればかりだとDFに読まれるので(久保が)前に抜ける場面もつくりたい」と新たな連係の構築にも手応えを見せた。

 これまではFW岩崎悠人(18=京都)と2トップを組んできたが、異なるタイプのFWと組むことで着実にプレーの幅を広げている。それは久保の才能があってこそ。15歳の天才少年によって、エースストライカーはさらなる覚醒を促されている格好だ。その久保も「(練習から)何回も一緒にやらせてもらっているのでいい連係を築けていると思う」と好感触を得ている。

 小川はU―20W杯だけでなく2020年東京五輪でも絶対的エースとして期待される存在。久保とともにさらなる成長を見せられるか。

最終更新:5/13(土) 16:45

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合