ここから本文です

運動はしたいけど人目が… 「暗闇フィットネス」が人気

朝日新聞デジタル 5/13(土) 10:16配信

 他人の目を気にすることなく、暗闇のなかで運動する「暗闇フィットネス」が人気だ。従来のスポーツジムのイメージを覆す、DJが音楽をかけるダンスフロアのようなフィットネスクラブが続々とオープン。運動はしたい、でも人目は気になる、という女性に支持されている。

【写真】暗い室内で音楽に合わせて照明が変わる中、バイクをこぐフィットネスの参加者=東京都目黒区、金居達朗撮影

 フィットネスクラブ「FEELCYCLE(フィールサイクル)」の東京・六本木店。ミラーボールから色とりどりの光線が飛び交い、大音量の音楽が流れる。インストラクターがDJさながらに盛り上げ、女性客が歓声をあげながら脚を動かしていた。

 45分間バイクをこいだ大塚小詞(こふみ)さん(32)は「暗いので、すごく汗をかいても周りを気にせずに集中できるところがいい」。通い始めて約2年。これまで別のジムではあまり続かなかったが、今は週に数回、足を運んでいるという。

 暗闇でのバイクエクササイズは米ニューヨークが発祥。同社は2012年6月に東京・銀座に1号店を出し、今月20日オープンの仙台店を含め5年弱で全国26店舗に増やした。客層は7割が女性で、20代から40代が中心という。暗闇効果で、明るいところで着るのは尻込みしてしまうような露出の多いウェアに挑戦する人もいるそうだ。また、暗くても近くの人の気配は感じられるため、グループレッスンならではの一体感を得られる良さもあるという。

 さらにポイントなのは、従来のスポーツジムには必ず設置されている、全身を映す大きな鏡がないことだ。同社の広報担当者は「下手だったり体形に自信がなかったり、汗だくになったりしている自分の姿を見てテンションが下がらないように」と狙いを話す。

 系列店として、暗闇の中で音楽に合わせてトランポリンを跳ぶエクササイズのスタジオも都内に3店舗ある。別の企業も後に続き、暗闇の中でサンドバッグをたたくボクシングジム「b―monster(ビー・モンスター)」が昨年6月に銀座にオープン。4月には都内に3、4号店を同時に出すなど好調だ。

朝日新聞社

最終更新:5/13(土) 11:16

朝日新聞デジタル