ここから本文です

カツオ料理多彩 味わって 13日から焼津でイベント

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/13(土) 8:45配信

 13日に焼津市で始まるグルメイベント「焼津春の鰹(かつお)三昧」を前に、同イベント実行委員会は12日、地元の静岡福祉大生を招いた試食会を市内で開いた。不漁によるカツオの価格高騰という事態を前向きにとらえ、若者を含めて幅広い世代に港町ならではの催しをアピールしようと初めて企画した。

 同市鰯ケ島の海鮮バーベキュー店「ととや新兵衛」で、学生3人が焼津港で水揚げされたカツオのレアステーキを食べた。大ぶりのカツオ1尾に驚いた様子で、スマートフォンで写真を撮影。網の上で焼き上げ、ナイフとフォークを使ってたたき風のカツオの味を堪能した。

 同大4年の男子学生(21)=浜松市西区=は「ジューシーで食べやすかった。みんなにお薦めしたい」と満足げに語った。カツオの価格高騰で各店は仕入れなどに苦労しているが、実行委の望月誠代表は「貴重な旬の魚を味わえる機会。焼津へ足を運んでほしい」とPRする。

 イベントは毎年春、秋に開催され、今春は7月2日まで。市内13の飲食店で、カツオの多彩な創作料理が楽しめる。

静岡新聞社

最終更新:5/13(土) 8:45

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS