ここから本文です

TAKAHIROが初の主演舞台 役者修行にかける意気込み

東スポWeb 5/13(土) 16:45配信

「EXILE」のボーカル・TAKAHIRO(32)が12日、都内で行われた初主演舞台「MOJO(モジョ)」(6月23日~7月14日、東京・品川プリンスホテル クラブeX)の製作発表に出席した。

 初舞台にして初主演。劇中ではクラブのオーナーの息子役を務める。本人は「狂っている役というか切れ者の役」と紹介し「(初主演の大役で)緊張で(自分も)狂ってくると思う。それを生かしつつ役を演じさせていただければ」と目をギラつかせた。

 EXILEの他のメンバーはすでに舞台を踏んでおり、TAKAHIROもそれを見に行っていたという。

「自分に(舞台出演の話が)来るとは夢にも思っていなかった。新しい自分に会えるのかなと恐怖と不安が入り交じった感覚」と率直な心境を語った。

 TAKAHIROにとっては、今後の芸能活動において正念場となりそうだ。EXILEのもう一人のボーカル・ATSUSHI(37)が来年まで海外を拠点に活動するため、グループは“充電期間”に入っている。

「TAKAHIROは2014~16年にかけてドラマと映画で主役級に抜てきされたけど、役者としての評価はまだまだ。以降、演技の仕事で目立ったオファーがない。舞台はドラマや映画のようにやり直しが利かず、演技力が磨かれる。事務所としても“鍛えられてこい!”という思いがあるはず。今後の役者業を考えても格好の修業の場になる」(映画関係者)

 共演の波岡一喜(38)ら演技派俳優から学ぶことになるが、TAKAHIROは「食らいついていきたい」と意気込んでいる。

最終更新:5/13(土) 16:45

東スポWeb