ここから本文です

永野芽郁、白浜亜嵐との初キスシーンは「ぶつかり稽古みたいだった」

スポーツ報知 5/13(土) 13:00配信

 女優の永野芽郁(17)が13日放送の日本テレビ系トークバラエティ「メレンゲの気持ち」(土曜・正午)に出演。主演映画「ひるなかの流星」(新城毅彦監督)で共演した白浜亜嵐(23)との“人生初”のキスシーンについて「ぶつかり稽古みたいだった」と振り返った。

 17歳だけに今回が初のキスシーン撮影だったが、「2人とも何とも感じてなくて…。何回もいろんな方向から撮影するから、ぶつかり稽古みたいになっちゃって。もはや何も思わず、終わった後は2人でニンニクを食べました」と明かした。

 大学受験も視野に入れているという永野。映画「ピーチガール」で共演し、この日も一緒に出演の山本美月(25)が明大卒ということで進学について相談。「星が好きで天文学を学びたいと言ったら、美月ちゃんが、すぐに星座の本をプレゼントしてくれて。すごく好きになっちゃいました」と告白していた。

最終更新:5/13(土) 14:08

スポーツ報知