ここから本文です

<姫路市>東京五輪組織委から指摘受けロゴ変更

毎日新聞 5/13(土) 12:52配信

 兵庫県姫路市は12日、東京五輪・パラリンピックに向けた観光・スポーツイベントをPRしようと制作したロゴマークのデザインを変更した。マークに「2020東京オリンピック・パラリンピック」という文字が含まれており、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が2日、「IOC(国際オリンピック委員会)やIPC(国際パラリンピック委員会)の知的財産権を侵害するおそれがある」との指摘をした。

 同市によると、開催年を表す「2020」や「東京オリンピック・パラリンピック」などの用語は知的財産の保護対象となっている。市が12日に発表した修正版はこれらの用語を除いた。市シティプロモーション推進課は「用語まで知的財産の保護対象とは知らなかった」と釈明している。【幸長由子】

最終更新:5/13(土) 12:55

毎日新聞