ここから本文です

ヒーロー挑戦の溝端淳平、次なる敵にラムちゃんを指名!「やられるならかわいい子がいい」

5/13(土) 16:46配信

Movie Walker

タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』の初日舞台挨拶が5月13日に新宿バルト9で開催され、溝端淳平、山田裕貴、原幹恵、柳ゆり菜、神保悟志、長谷川初範、坂本浩一監督が登壇。ヒーロー役を演じた溝端が「ラムちゃんがいい。どうせやられるならかわいい子がいい」と次なる敵にラムちゃんを指名した。

【写真を見る】原幹恵、胸元&ウエストがスケスケのセクシー衣装で会場を悩殺!

1970年代に放送され、肉弾アクションが話題を呼んだ異色のタツノコアニメ『破裏拳ポリマー』を実写映画化した本作。破裏拳流という拳法を操る主人公・鎧武士を溝端が演じる。

溝端は「坂本監督のご指導のもと、汗だくになりながらアクションを教えていただいた。色々な人に支えていただきながら、無事に初日を迎えられた。感謝の気持ちでいっぱい」と晴れやかな笑顔を見せた。

この日は、主人公がポリマーに変身する際の“転身”というキーワードにちなんでトークが繰り広げられた。「もし異性に転身したら何をしてみたい?」と聞かれた柳は、「匂いを嗅ぎたい」とコメント。「“鎖骨と谷間”の三角形のところが、一番フェロモンが出ている場所だと思う」と胸元を差しながら持論を展開した。

柳が「ちゃんといい男なのか、自分で嗅いで確かめたい」と続けると、溝端は「ここのトライアングル?」と聞きながら山田の胸元をクンクンしてみせて、会場も大爆笑。山田は「恥ずかしいよ!」と悲鳴を上げていた。

溝端と山田には「宇宙のヒーローに転身。どんな敵と戦いたい?」との質問が投げかけられた。山田は「宇宙のアライグマが暴れているので、アイツを倒しておけばポリマーが1位になれる」と公開中の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』をライバル視して、会場の拍手を浴びた。

溝端は「怖い敵はイヤなので、ラムちゃんがいい」と『うる星やつら』のラムちゃんを指名。「どうせやられるなら、あんなかわいい子がいい。幸せかなと思います」と楽しそうに理由を説明していた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:5/13(土) 19:16
Movie Walker