ここから本文です

「いぬむこいり」主演・有森也実、監督に「4時間ってどうなんですか?」

5/13(土) 19:10配信

映画ナタリー

本日5月13日、「いぬむこいり」の初日舞台挨拶が東京・新宿K's cinemaで行われ、キャストの有森也実、武藤昭平、PANTA、山根和馬、監督の片嶋一貴が登壇した。

【写真】有森也実(他24枚)

「いぬむこいり」は、神のお告げを聞いた冴えない小学校教師・梓がイモレ島へ宝探しの旅に出かけ、個性豊かな人々と出会うさまを描いたもの。上映時間は4時間を超える。

この舞台挨拶では、主演の有森が司会役を務めることに。有森が「4時間ってどうなんですか?」と率直に質問すると、片嶋は「長尺のものを作りたいという思いがあったんです。台本も最初から240ページ。いろんな思いを込められました」と述べる。それを受けて有森は「てんこ盛りな感じがするんですけど、たくさんのものをお客さまに届けたかったということでしょうか」とまとめた。

続いて有森はPANTAに「音楽もさることながら映像のお仕事をやっていらっしゃいますが、どんな現場でした?」と話を振る。PANTAは「監督が自分の違う面を出してくれた……」と言いかけるも「称え合うと舞台挨拶ってつまらなくなっちゃうよね」と茶目っ気たっぷりに述べ、「昭平とのバトル。相手(の芝居)が上手だと自分が引き立つんだよね」と印象的なシーンに言及した。

さらに有森は「役作りが難しかったと思いますがいかがでした?」と山根に問う。山根は「作品に入る前に、監督に役柄を聞いたら『犬』と言われました」と明かして観客を笑わせ、「犬(のマスク)をかぶったときに監督が俺を見て不安そうな顔をしたので、『監督、俺やりますよ!』と思いました。やってみるとスイッチが入るもんですね」と笑顔を見せる。そんな山根に、PANTAが「ダンサブルな犬だったよね」と声をかける場面も。

そして有森から「主題歌の『カオス』ができた経緯を教えてください」と求められた武藤は「自分の撮影が終わったあとに監督から『主題歌を勝手にしやがれでやってくれないか』とメールが届いて。あの映画はどう考えてもカオスだなと思って、このタイトルになったんです」と答える。有森が「監督は『いぬむこいり』を4時間で表現しましたよね。昭平さんは?」と口にして武藤が「4分」と続けると、有森は「音楽ってすごい!」と感嘆の声を上げる。

フォトセッションには、キャストの尚玄と笠井薫明も登場。最後に有森が「映画は1人で楽しむものじゃない!と伝えたいです。この映画についてお話しながら帰っていただけたら」と観客に語りかけて舞台挨拶は終了した。



(c)2016 INUMUKOIRI PROJECT

最終更新:5/13(土) 19:10
映画ナタリー