ここから本文です

トライアスロン エースの上田藍、転倒&周回遅れで失格「あっけない」

5/13(土) 13:59配信

デイリースポーツ

 「トライアスロン・世界シリーズ第3戦・横浜大会」(13日、横浜・山下公園周辺特設コース)

 女子が行われ、日本勢では、リオデジャネイロ五輪15位の佐藤優香(トーシンパートナーズ・NTT東日本・NTT西日本・チームケンズ)の13位が最高だった。エースの上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター)は、バイクでトップと周回遅れとなり失格となった。

 大粒の雨が降る横浜で、優勝候補の上田がまさかの惨敗に終わった。苦手である最初のスイムでトップと2分37秒差と大きく出遅れると、次のバイクで追い上げを図ったが、途中で転倒。その間にトップ選手に抜かれ、周回遅れとなった時点でレースが終了し、得意のランを披露することはできなかった。

 先頭がゴールする前に取材エリアに現れた上田は「まさかこんな所(タイミング)で取材を受けることになるとは」と苦笑い。「あっけなかった。結果としては惨敗だけど、すべてが悪かったわけではない。これを踏まえて、また強くなれるという思いもある」と前を向いた。

 次戦は6月の第4戦・英国リーズ大会。「負けたまま終われないのが私の性分。後半の追い上げが私の持ち味なので、シーズンも後半追い上げたい」。1年をトライアスロンになぞらえながら、雪辱を誓った。