ここから本文です

死亡は富山、大阪の男性=ゴンドラ落下事故―石川

時事通信 5/13(土) 14:28配信

 石川県志賀町の風力発電所でゴンドラが落下し作業員2人が死亡した事故で、県警羽咋署は13日、死亡したのはいずれもとび職で富山県小矢部市の松井栄さん(43)と大阪府富田林市の星野光明さん(53)と発表した。

 同署は事故の詳しい原因を調べている。

 同署によると、松井さんらは12日午後2時ごろから、クレーン車でつり下げられたゴンドラに乗り、チェーンソーで木の伐採をしていた。垂直に伸びたクレーンのアームが突然縮んでワイヤがたるみ、ゴンドラは10メートル以上の高さから崖下に落ちたという。

 伐採は、風力発電機のベアリング交換などで外すブレード(羽根)の置き場を確保するため実施していた。 

最終更新:5/13(土) 19:39

時事通信