ここから本文です

<中国>「一帯一路」会議14日開幕 北京で警備強化

毎日新聞 5/13(土) 19:48配信

 【北京・河津啓介】中国主導の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」をテーマにした国際首脳会議の開幕を14日に控え、会場の北京市中心部では警備が強化され、警察や治安ボランティアの姿が目立っている。

 2014年に北京でアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開かれた際は大規模な車両規制がとられ、臨時の休日となった。今回はこうした措置はなく、李保東外務次官は中国メディアの取材に対し、会議と市民生活を両立させることで「北京の都市管理の水準が国際的に一流であることを示す」と述べた。

 ただ地元紙「北京晨報」によると、15日までの期間中、政府機関や国有企業の車両は使用が禁じられ、不急の会議は開かないよう指示。また同紙は12日付で、会場がある北京市朝陽区の住民に「自主的に私有車を使わず自転車や公共交通機関を使おう」と呼びかけており、会議運営が最優先なのが実態のようだ。

最終更新:5/13(土) 22:13

毎日新聞