ここから本文です

<AIIB>バーレーンなど新たに7カ国が加盟

毎日新聞 5/13(土) 19:54配信

 【北京・赤間清広】中国主導の国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)は13日、新たにギリシャ、ルーマニアなど7カ国の加盟を承認したと発表した。AIIBは今年3月、カナダなど13カ国・地域の加盟を承認したばかり。今回を合わせた総加盟数は計77に増加し、日米が主導するアジア開発銀行(ADB、加盟67カ国・地域)をさらに引き離した。

 ほかに加盟が決まったのは、バーレーン、ボリビア、キプロス、チリ、サモア。AIIBの金立群総裁は「アジアの発展は世界経済にとって大きな利益となる」とのコメントを発表し、アジアへの期待の高さがAIIBの加盟増につながっていると強調した。

 AIIBは、中国の習近平国家主席が提唱する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を資金面で支える国際金融機関として中国政府が設立を主導、現在も最大の出資国となっている。中国政府は14、15の両日、一帯一路に関する初の国際首脳会議を北京で開く。AIIBが直前に加盟国増を発表することで、中国の存在感をアピールする狙いもありそうだ。

最終更新:5/13(土) 20:54

毎日新聞