ここから本文です

<広島>2年目岡田が力投 「力まず」4勝目

毎日新聞 5/13(土) 20:23配信

 ○広島11-2巨人●(13日、マツダ)

 前回登板で大量リードを守れなかった反省を生かし、広島の岡田が力投した。巨人打線を七回まで2点に抑え、早くもルーキーだった昨季に並ぶ4勝目を手にした。

 一回を3者凡退に打ち取り、直後に味方打線が3得点。三回にはエルドレッドにソロ本塁打が飛び出すなどチームが勢いを増す中、「点差が広がっても意識しないように」心掛けた。6日の阪神戦で六回に突如崩れ、最大9点差の逆転劇を招いた苦い経験から、目の前の打者だけに集中した。七回1死一、二塁のピンチも、150キロ超の直球で2者連続三振に仕留めた。

 投球を振り返り、「力まずに、力む感じで投げられた」と表現した岡田。無駄な力を入れず、ボールを放すときだけ力を伝えることを意識したという。雨天中止となった前日からのスライド登板をものともせず、畝投手コーチも「しっかり投げてくれた」と合格点を与えた。

 昨季沢村賞のジョンソンや抑えの中崎が戦線離脱し、チーム防御率はリーグ最下位。投手陣の再構築が急務の中、2年前のドラフト1位右腕への期待は増すばかりだ。

 緒方監督は言う。「中5日でも、中4日でもいい。若いんだからどんどん投げてもらいたい」【村社拓信】

最終更新:5/14(日) 0:49

毎日新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/27(土) 19:05