ここから本文です

上場企業の純利益21%増=17年3月期、最高更新相次ぐ―時事通信集計

時事通信 5/13(土) 17:25配信

 上場企業の2017年3月期決算がほぼ出そろった。時事通信社が集計したところ、開示した東証1部上場の1117社(金融を除く)の連結純利益は前期比21.1%の大幅増。過去最高を記録した企業は34.6%に当たる387社に上った。資源価格の上昇などで業績を伸ばした商社や、国内事業が好調な不動産・建設などがけん引した。

 商社は資源関連ビジネスが拡大した。この結果、資源安で前期の純損益が赤字だった三菱商事や三井物産がV字回復を達成。大手7社はそろって黒字となった。

 建設・不動産では都市再開発や東京五輪・パラリンピックに向けたインフラ整備の需要を追い風に鹿島、三井不動産などが最高益を計上。通信業界でもソフトバンクグループ、KDDIなど大手3社が業績を伸ばした。

 18年3月期は、トランプ米政権の経済政策が不透明なことから想定為替レートを1ドル=105~110円と現在よりも、やや円高に設定した企業が多い。連結純利益は2.8%増と伸びが鈍化する見通しだが、伊藤桂一SMBC日興証券チーフクオンツアナリストは「業績の改善傾向は続く」と指摘している。

 集計した企業は、連結決算を開示する3月期企業全体の87%に当たる。会計基準を「国際会計基準」に変更した企業については、変更後の最高益かどうか調べた。 

最終更新:5/13(土) 20:26

時事通信