ここから本文です

広島快勝 岡田が4勝目、エルドレッド2発4打点で10号到達

デイリースポーツ 5/13(土) 16:56配信

 「広島11-2巨人」(13日、マツダスタジアム)

 広島は先発・岡田が7回5安打2失点で4勝目(1敗)を挙げた。

【写真】出ました!豪快エルド弾

 打線は13安打11得点。初回、鈴木の先制適時打と松山の2点適時打で3点を先制。三回はエルドレッドの左中間9号ソロで1点を追加。4-2の六回は田中の右犠飛で1点。5-2の八回は丸、安部の2点適時打とエルドレッドのこの試合2本目となる10号3ランで6点を奪った。

 4勝目の岡田は、「ピンチもあったが、そこで粘れて良かったです。ストレートが良かった」と振り返ると、隣のエルドレッドに「ナイスバッティング!」と賛辞を送った。

 エルドレッドは岡田へ「ナイスピッチング!」と返した後、「長いシーズンで苦しい時もあると思う。それが先週だった。ウチはいいチームなので、また勝ち続けると思う」と語った。

 巨人は先発・マイコラスが6回9安打5失点で2敗目(4勝)。0-4の四回、阿部の右越え7号2ランで2点を返したが、突き放された。

最終更新:5/13(土) 18:00

デイリースポーツ