ここから本文です

西武3年目左腕・佐野、先発初勝利「第一歩だと思う」

5/13(土) 17:52配信

デイリースポーツ

 「オリックス2-8西武」(13日、京セラドーム大阪)

 西武が2連勝で勝率を5割に戻した。今季初登板の3年目左腕・佐野は5回5安打1失点で先発ではプロ初勝利となる今季1勝目(通算2勝目)を挙げた。

【写真】国民的美少女、美脚もあらわに始球式登場

 二回、メヒアの左越え6号ソロで1点を先制。三回は渡辺の押し出し四球で1点を追加。四回は木村文の左越え1号ソロ。六回は源田、浅村の適時打で2点。5-2の七回は木村文の右線2点二塁打で突き放した。木村文は3安打3打点。

 佐野はウイニングボールを左手で掲げ、「チームの勝ちに貢献できるように一生懸命投げた。バッターとの勝負が多少できていたと思う。先輩方が打って点を取ってくれたので、楽に投げられた。(先発初勝利は)正直プロとして第一歩だと思うので、もっとチームを勝たせられるように頑張りたい」と謙虚に喜びを表した。

 オリックスは5連敗。先発・コークは三回途中に首の違和感を訴え降板。2回0/3、4安打2失点で3敗目(2勝目)を喫した。打線は0-3の四回、中島の左前適時打で1点。1-5の六回は縞田の左前適時打で1点を返すにとどまった。