ここから本文です

【葵S】2番人気アリンナ、2馬身差の完勝!藤岡佑騎手「最後まで余力がありました」

スポーツ報知 5/13(土) 15:57配信

 13日の京都10R・葵S(3歳オープン、芝1200メートル=14頭立て)は2番人気でマツリダゴッホ産駒のアリンナ(牝3歳、栗東・松元茂樹厩舎)が2馬身差の逃げ切り勝ち。3勝目を挙げた。勝ち時計は1分10秒5。

 最内枠から先頭に立つと、前半600メートルが34秒9のマイペースに持ち込んだ。直線で2番手につけたショウナンマッシブが迫り、ゴール前で1番人気のエントリーチケットが外から脚を伸ばしてきたが、最後まで馬体を並ばせることのない完勝だった。

 同馬は約半年ぶりとなる芝1200メートルへの起用だったが、騎乗した藤岡佑騎手は「スピード豊かな馬。抜け出してからフワフワする面を見せ、ステッキを入れてから、もたれる面はありましたが、最後まで余力がありました。こういうスピードを生かせる条件が合っていると思います」と笑顔を浮かべた。

最終更新:5/13(土) 16:06

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ