ここから本文です

米国に保護主義の権利=「公平な貿易」なければ―財務長官

時事通信 5/13(土) 21:21配信

 【バーリ時事】ムニューシン米財務長官は13日、先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議閉幕後の記者会見で、トランプ米政権が目指す通商政策に関し「公平で自由な貿易」でなければ、相手国に対して「保護主義的な措置を講じる権利がある」と明言した。

 
 政権が掲げる「米国第一」を理由に保護主義的な姿勢を鮮明にしたことで、多国間の自由貿易体制のきしみに対する懸念が一段と強まりそうだ。

 ムニューシン氏は、成長と雇用創出を掲げた米政権の経済政策について「G7参加国の理解はかなり進んだ」と強調。米国と中国が貿易不均衡の是正を目指した取り組みの成果として、米国産牛肉などの対中輸出が実現することに触れ、トランプ政権が目指す2国間通商交渉が「正しい方向にある」との認識を示した。 

最終更新:5/14(日) 9:34

時事通信