ここから本文です

総連HPにサイバー攻撃 閲覧で情報流出の恐れ

産経新聞 5/13(土) 7:55配信

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)のホームページ(HP)がサイバー攻撃を受け、閲覧しただけで情報が盗まれる不正プログラムを仕込まれた可能性があることが12日、関係者への取材で分かった。HPを閲覧したパソコンに脆弱(ぜいじゃく)性があると、情報の一部が盗まれ、外部のサーバーに送られる機能があるとみられる。

 朝鮮総連は産経新聞の取材に対し、サイバー攻撃を受けたことを認めた。内閣サイバーセキュリティセンターも朝鮮総連のHP改竄(かいざん)の情報を把握しており、「注目されている組織のHPである」として各官庁に注意喚起を行った。

 朝鮮総連によると、11日夜、見覚えのないファイルがホームページにあることが分かり、HPを管理するサーバー会社に調査を依頼したところ、外部から侵入した形跡があることが確認されたという。

 朝鮮総連の担当者は「何者かに仕掛けられた可能性があり、該当のファイルを削除するなどして対応したが、引き続き安全性を確認する」としている。

最終更新:5/13(土) 7:55

産経新聞