ここから本文です

マンU 今季終了後にハメス・ロドリゲス獲得で合意か 英紙報じる

スポニチアネックス 5/13(土) 16:57配信

 マンチェスター・ユナイテッドが、今シーズン終了後にレアル・マドリードのハメス・ロドリゲスを獲得することで基本合意したと、コロンビアのラジオ局「RCNラジオ」の報道を、英紙「メトロ」が引用する形で伝えた。

 報道によれば、ロドリゲスと代理人のメンデス氏が、今週はじめにレアル・マドリードのペレス会長と面談。その際、ロドリゲス側がレアル・マドリードで置かれている状況に満足していないこと、複数のクラブからオファーを受け取っていることを明かしたという。ペレス会長は、シーズン終了後に査定すると約束。ロドリゲス側は、マンチェスター・ユナイテッドと条件面で基本合意していると伝えたという。

 なお、ロドリゲスは、所属クラブで10番を着用することがアディダス社との契約で決められており、マンチェスター・ユナイテッドで10番を着用しているウェイン・ルーニーの去就もロドリゲスの移籍に関わってくるという。

 ロドリゲスについては、冬の市場で移籍金7800万ポンドの巨額オファーをチェルシーから受け取ったが、レアル・マドリード側がこれを拒否していたという。昨年12月の時点でロドリゲスは「マドリードでハッピーだが、もっと試合に出たい。マドリードにいたいが、すべてのことを踏まえ、ここから出ていくことも考えなければ」と話していた。

最終更新:5/13(土) 16:57

スポニチアネックス