ここから本文です

ノンスタ石田 井上事故で2番組&国の仕事も吹っ飛んだ…ガリクソン休演公演で暴露

デイリースポーツ 5/14(日) 0:09配信

 お笑いコンビ・NON STYLEの石田明(37)が13日、京都・よしもと祇園花月で行われた公演「悪いWARAI~ゴシップについて語ろうか?人生アクシデントだらけ~」に出演し、相方・井上裕介(37)の起こしたひき逃げ事故の影響で、開始予定だった2番組や、国から依頼されていた仕事が吹っ飛んだことを明かした。

【写真】ノンスタ井上“ウソ泣き”で集中砲火

 当初、同公演には飲酒運転で逮捕されたガリガリガリクソン(13日に釈放)も出演予定だった。石田は冒頭で「タイミングが悪い」とボヤきながらトークをスタート。

 石田は、井上の騒動で事前に決まっていた「2つ(の番組)が無くなった」と告白。さらに、国から法律をわかりやすく漫才で説明する仕事を任されていたことも明かしたうえで、3カ月かけて当該法律を勉強して漫才の台本を完成させ、先方のチェックも終えた矢先に、ご破算になってしまったとぼやいた。

 石田と井上は学生時代の同級生で、高校時代の仲間で作るグループLINEに、井上の事故発覚当時は「(井上っ)ぽいなー」との書き込みが溢れていたと暴露。井上については「保身の塊」とネタにした。

 この日のイベントには、12日に大阪市内の路上で飲酒運転をしたとして逮捕され、13日に釈放されたガリガリガリクソンも出演予定だった。石田は冒頭では「きょうは記者もたくさん来ています」とガリクソンを念頭に置いたとみられる発言もあったが、イベント中は、ガリクソンをネタにする場面は少なかった。

最終更新:5/14(日) 0:15

デイリースポーツ