ここから本文です

【京王杯SC】3番人気キャンベルジュニアは11着 ルメール「こういう馬場に慣れていない」

スポーツ報知 5/13(土) 17:36配信

◆第62回京王杯スプリングC・G2(5月13日、芝1400メートル、東京競馬場、重)

 雨のなか、古馬13頭が争い、ミルコ・デムーロ騎手騎乗で2番人気のレッドファルクス(牡6歳)が直線での叩き合いから、鋭く抜けて快勝。昨年10月のスプリンターズS以来の重賞3勝目を挙げ、G1ウィナーの力を見せつけた。同馬を管理する尾関知人調教師(45)=美浦=はこの勝利で、現役107人目のJRA通算200勝を達成した。なお、レッドファルクスには、安田記念・G1(6月4日、東京)の優先出走権が与えられた。

 3/4馬身差の2着は11番人気の8歳馬クラレント(岩田康誠騎手騎乗)。さらに半馬身差の3着にはグランシルク(戸崎圭太騎手騎乗)が入り、1番人気を集めたサトノアラジン(川田将雅騎手騎乗)は9着に終わった。

 柴田善騎手(ロサギガンティア=10着)「馬の状態は良かった。道中はいい感じだったけど、(直線に向いてから)馬場を気にして、変に力んでいた。ただ、いい方向に向かっていると思う」

 ルメール騎手(キャンベルジュニア=11着)「こういう馬場は慣れていない。いいポジションだったけど、直線はあまり伸びなかった。返し馬の時もあまり良くなかった」

 北村宏騎手(ブラヴィッシモ=12着)「一歩目がそんなに速くなかったし、出して行ってからも徐々に下がってしまった。ここまで馬場が悪いと切れがそがれてしまう」

 丸山騎手(ダンツプリウス=13着)「こういう馬場は合うと思ったが…。内めを通らされたし、メンバーもそろっていた」

最終更新:5/13(土) 18:01

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ