ここから本文です

有森也実、主演作に「4時間ってどうなんですか!? お客さんもつらいし!」

スポーツ報知 5/13(土) 19:04配信

 女優の有森也実(49)が13日、東京・新宿ケイズシネマで行われた主演映画「いぬむこいり」(片嶋一貴監督)の公開初日舞台あいさつに出席した。

 伝承民話「犬婿入り」をモチーフとし、シニカルな風刺を盛り込んだ上映時間4時間超の異色作。犬男とのラブシーンにも挑んだ有森は「初号(関係者向けの初めての上映)を見た時から1年間、受け入れることが出来ませんでした。でも、いろいろな意見をいただいて勉強になりましたし、映画は素晴らしいと思うようになりました」と思いを告白。片嶋監督に対し「4時間ってどうなんですか!? お客さんもつらいし!」とジョークをぶつけつつも、満席の観客には「皆さんの中にも『(自分には)ムリだったなあ』と思った方もいるかもしれませんが、1週間後、1か月後、1年後に『いい映画だったなあ』と思っていただける映画です」と約束した。

 さらに「映画は1人で楽しむものじゃないので、隣の人は知らない人かもしれませんけど、帰り道で『こんなとこはダメだった』『こんなとこは面白かった』とお話しして楽しんでほしいです」と呼び掛けていた。

最終更新:5/13(土) 19:04

スポーツ報知