ここから本文です

【甲府】小椋祥平、古巣・横浜M戦に平常心「どこもそうですが、試合は負けたくない」

スポーツ報知 5/14(日) 8:03配信

 J1ヴァンフォーレ甲府のMF小椋祥平(31)が「楽しみな試合」と古巣・横浜M戦(14日・ニッパツ)を心待ちにした。チームは13日、雨のなか、山梨県内で前日練習を行った。今季、リーグ戦ではここまでチームのフィールドプレーヤーで唯一全試合フル出場中の小椋は、「疲れはないですね」と頼もしかった。

 2008年から14年まで7シーズンを過ごした横浜M。得たものを問われると、「全てですね。マリノスにいなければ今の自分はなかった。それまではサッカーを知らず、ただ一生懸命やっているだけだった。ディフェンスの仕方、状況判断など色んな考え方を学んだ」と感謝した。

 小椋自身が横浜M戦で出場するのは、G大阪の一員だった15年のリーグ戦以来、約2年ぶり。このときは途中出場だったが、今回は先発が濃厚だ。「長く居させてもらいましたからね」と思い入れのあるクラブ。それでも、「どこもそうですが、試合は負けたくない」と今は甲府の選手として、勝ち点3獲得へ100%の力を注ぐ。横浜Mサポーターも注目することが予想されるその姿。「いいプレーを見せたい」と強い気持ちでピッチに立つ。(古川 浩司)

最終更新:5/14(日) 8:03

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報