ここから本文です

【MLB】メッツ守護神J.ファミリアが手術、数カ月の戦線離脱に

ISM 5/13(土) 10:51配信

 ニューヨーク・メッツの守護神ジェウリス・ファミリア投手が現地12日、右腋窩(えきか)付近の血栓除去手術を受けた。サンディ・アルダーソンGMによると、数カ月の離脱が見込まれるという。

 メッツはファミリアを10日間の故障者リスト(DL)に登録。アルダーソンGMは「シーズン終盤に戻ってくる可能性はある。もちろんそうならない可能性も。現時点ではまだわからない」と話している。

 ファミリアは昨季に両リーグ最多の51セーブを挙げて、メッツのワイルドカードでのプレーオフ進出に大きく貢献。しかし今季はオフにドメスティックバイオレンス(DV)に関する規範への違反があったとして出場停止処分を受け、11試合の登板で1勝1敗3セーブ、防御率3.86にとどまっていた。

 なおメッツはファミリアと入れ替わる形でルーカス・デューダ一塁手がDLから復帰。同選手は左ひじを痛めて戦列を離れていた。(STATS-AP)

最終更新:5/13(土) 10:51

ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 9:05