ここから本文です

上田藍、係員と接触転倒で途中棄権「あっけない」…トライアスロン

スポーツ報知 5/14(日) 7:03配信

◆トライアスロン 世界シリーズ横浜大会(13日、横浜・山下公園発着)

 エリート女子の部で昨年2位の上田藍(33)=ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター=は途中棄権に終わった。バイクで係員と接触するアクシデントがあった。

 上田は世界シリーズで初めて途中棄権となった。バイクの最終9周目に入るところで係員と接触。転倒から立て直す間にトップの選手が横を通り過ぎ、周回遅れになった。「あっけない。接触に関係なく、この位置でレースをしていた悔しさがある」と残念がった。日本勢初の優勝はお預け。「後半追い上げのレースをしているので、シーズンも後半追い上げていきたい」と話していた。

最終更新:5/14(日) 11:54

スポーツ報知