ここから本文です

【GOLF】鈴木、ツアー4勝目に王手! 「67」で後続に3打差

ISM 5/13(土) 19:25配信

 国内女子ツアーのほけんの窓口レディースは13日、福岡県の福岡カンツリー倶楽部 和白コースを舞台に順延となっていた第1ラウンドの続きと第2ラウンドの競技を終了。鈴木愛は5アンダー67でラウンドし、単独首位で最終日を迎える。

 第1ラウンドを「70」で回り、トップタイから第2ラウンドをスタートした鈴木は、前半は1バーディのみで折り返す。すると後半は12番から3連続でスコアを伸ばし、一気に首位に躍り出る。さらに上り2ホールも連続バーディとし、トータル6バーディ、1ボギーの「67」でホールアウト。通算7アンダーまでスコアを伸ばし、後続に3打差をつけてツアー通算4勝目に王手をかけた。

 通算4アンダー単独2位に2日続けて2アンダー70で回った酒井美紀が続く。第1ラウンドを首位タイで折り返したささきしょうこが通算3アンダー単独3位。通算2アンダー4位タイには、3週連続優勝を目指すキム・ハヌル(韓)、穴井詩、テレサ・ルー(台)、福田裕子、川岸史果が並んでいる。

 現在賞金ランキング2位のアン・ソンジュ(韓)は通算1オーバーの18位タイ、3年ぶりのツアー優勝を狙う上田桃子は通算3オーバー34位タイで予選を通過している。一方、2年連続賞金女王のイ・ボミ(韓)は通算8オーバー76位タイで今季2度目の予選落ち。注目のアン・シネ(韓)も通算13オーバー101位タイで大会を後にした。

最終更新:5/13(土) 19:25

ISM