ここから本文です

トランプ政権 FBI長官解任問題で風刺画 米誌、乗客引きずり降ろしをパロディー

産経新聞 5/13(土) 10:46配信

 【ニューヨーク=上塚真由】米誌「ニューヨーカー」は22日発行号の表紙で、トランプ米大統領が連邦捜査局(FBI)のコミー長官を解任した問題の風刺画を掲載し、話題を呼んでいる。

 風刺画は、米ユナイテッド航空が先月9日、定員を超過したとして乗客を強制的に引きずり降ろした問題になぞらえたもの。コミー氏解任を勧告したセッションズ司法長官が警察官に扮し、仰向けのコミー氏の手をつかんで機内の通路を引きずる様子を、トランプ氏が背後からうかがっている。

 風刺画を描いたバリー・ブリット氏は、コミー氏が2メートルを超える長身であることから、「窮屈な機内で座席を譲ったことに、おそらく喜んだことだろう」とコメントしている。

最終更新:5/13(土) 10:46

産経新聞