ここから本文です

長谷川初範、映画前に体を鍛えたら「(アクションが)なくて…」

サンケイスポーツ 5/13(土) 16:43配信

 俳優、溝端淳平(27)が13日、東京・新宿バルト9で行われた主演映画「破裏拳ポリマー」(坂本浩一監督)の初日舞台あいさつに共演の山田裕貴(26)、原幹恵(29)、柳ゆり菜(23)、神保悟志(54)、長谷川初範(61)と登壇した。

 タツノコプロが1975年に生んだ本格アクションの同名アニメの実写化。

 一昨年の夏、坂本監督からアクションを汗だくで教えられた新米刑事、来間役の溝端は「去年の2月に凍えながら撮影して、いろんな人に支えられて、初日を迎えられました」と感謝した。

 また、来間の上司、土岐田を演じた長谷川は「話をいただき、映画前に体を鍛えたら、(アクションが)なくて…」とボヤキ節。溝端から「机でヒザを向き合って、飲むシーンで『鍛えてきたんだよ、溝端君』って言ってましたよね。何のためですか?って、俺(言っちゃいましたよ)」と突っ込まれ、「アクション、次はお願いします」とおねだりしていた。

最終更新:5/13(土) 16:43

サンケイスポーツ