ここから本文です

ミュニシパル・ウェイスト、パンクの衝動性とメタルの技巧性

5/15(月) 9:10配信

BARKS

ハードコアの勢いとメタルのテクニカル要素を併せ持ち、昨今のスラッシュ・メタル・リバイバル・ムーブメントの火付け役となったミュニシパル・ウェイストのニュー・アルバム『スライム・アンド・パニッシュメント』が、6月23日に発売される。

◆ミュニシパル・ウェイスト画像

米バージニア州リッチモンドで2000年に結成された彼らは、パンクの衝動性とメタルの技巧性が綯い交ぜとなって生み出される疾走感を最大の特徴としている。ほとんどの楽曲が1~2分のファスト・チューンで、切れ味鋭いリフが立て続けに繰り出され、どのアルバムもあっという間に聴き終えてしまう。単純に速いのみならず、巧妙な緩急のある練り込まれた楽曲からは、硬質なキャッチーセンスを持ったバンドであることを伺わせる。

スラッシュ・メタルとハードコア・パンクの要素を絶妙にブレンドしてきた彼らの今作は、アルバム・ジャケットのアートワークからも匂ってくるように、ややハードコア寄りなものだ。混沌とした今のアメリカの空気が反映されているのかもしれないが、ツインギターの見せ場もしっかりと作られていたりする辺りは、さすが正統派メタルのツボも熟知しているミュニシパル・ウェイストらしさでもある。

Photo by Kip Dawkins

ミュニシパル・ウェイスト『スライム・アンド・パニッシュメント』
2017年6月23日 世界同時発売予定
【CD】 ¥2,300+税
【通販限定CD+Tシャツ】¥5,000+税
※日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付き
1.ブリーズ・グリース
2.エンジョイ・ザ・ナイト
3.ディンギー・シチュエーションズ
4.シュレッドネックス
5.ポイズン・ザ・プリーチャー
6.バーボン・ディシプリン
7.パロール・ヴァイオレイターズ
8.スライム・アンド・パニッシュメント
9.アマチュア・スケッチ
10.エクセシヴ・セレブレーション
11.ロー・トレランス
12.アンダー・ザ・ウェイスト・コマンド
13.デス・プルーフ
14.シンク・ファスト
*日本盤限定ボーナストラック未定

トニー・フォレスタ(ヴォーカル)
ライアン・ウェイスト(ギター/ヴォーカル)
ニック・プーロス(ギター)
ランド・フィル(ベース/ヴォーカル)
デイヴ・ウィッテ(ドラムス)

最終更新:5/15(月) 9:10
BARKS