ここから本文です

岐阜市が「トイレMAP」作成 市街地の29カ所紹介

岐阜新聞Web 5/13(土) 8:50配信

 岐阜市は、市の中心市街地で誰でも利用できるトイレの場所を示した地図「おもてなしトイレMAP」を作成した。観光客やウオーキングを楽しむ市民らに安心感を持ってもらうのが狙い。
 地図はA3版カラー刷り。対象は、JR岐阜駅(同市橋本町)から、みんなの森ぎふメディアコスモス(同市司町)までの約2キロの、長良橋通りと金華橋通りの周辺。
 市役所など公共施設17カ所のほか、市が協力を呼びかけたコンビニなど民間施設も12カ所載せている。24時間利用や車いす対応、オストメイト(人工肛門などの人)対応の可否なども分かる。一部を除く掲載施設には、「おもてなしトイレ」と書かれたステッカーが貼ってある。
 地図は3千部作成。市内のビジネスホテルや旅館、JR岐阜駅などで配布する。市まちづくり推進政策課の辻川琢也課長は「マップを見て、街中を安心して楽しく散策してほしい」と話している。

岐阜新聞社

最終更新:5/13(土) 10:48

岐阜新聞Web