ここから本文です

「ナゲットがほしい」で高校生がリツイート数世界記録350万回超を達成!

ホウドウキョク 5/13(土) 11:30配信

アメリカの普通の高校生がRT(リツイート)数世界記録を達成したと話題になっています。

事の発端は、先月初め高校生のカーター・ウィルカーソンさんがファ-ストフードのウェンディーズの公式ツイッターにしたこんな投稿。

「Yo@wendys how many retweets for a year of free chicken nuggets?」
(チキンナゲットを1年分欲しいんだけど何回RTしてもらえばいい?)

すると、ウェンディーズが「18Million」(1800万回)とだけ答えてくれました。

ウィルカーソンさんは、この画面をスクリーンショットして「HELP ME PLEASE. A MAN NEEDS HIS NUGGS」(ナゲットがほしいので協力してください)と本文を添えたツイートを投稿しました。ちなみに、この時点でウィルカーソンさんのフォロワーは150人しかいませんでした。

しかし、2日後あたりから企業や有名人にRTされるようになり、そのファンらがさらにRTを増やしていく雪だるま式展開となり、ついにはアップルやGoogle、マイクロソフトといった大企業もRT。さらに、テレビ番組にも出演するなど大きな話題となり、150人だったフォロワーは2週間で6万7000人に増加しました。

そして、目標のRTは1800万には届かなかったものの世界記録を抜き340万RTを超えたところで、ウェンディーズがあまりの反響の大きさに「チキンナゲット」の進呈を決定しました。さらに、慈善団体に高校生のウィルカーソン名義で10万ドル(約1140万円)の寄付をすると発表しました。

ちなみに、5月12日現在、RTは358万を超え世界記録を更新中、フォロワー数は12万人を超えています。

世界記録達成の理由は?

松浦茂樹(スマートニュース)
もともとの世界記録ってなんだと思います? 見たことあると思います。3年前にアカデミー賞の授賞式でブラピらハリウッドスターたちが一緒に自撮りをしたのが320万回でそれを上回った。いわゆる著名人のパワーで記録した記録を超えてしまった。これはすごい。

三浦瑠麗
ナゲットが超えた(笑)。なんか人々の興味って面白いですね。

松浦
ちょっとしたことでもわかりやすく「欲しいです」って言ったら、うまく広がってRTしてくれて有名人だけじゃなく企業の公式アカウントもRTしてくれたことが大きい。

三浦
今回の彼のツイッターのすごかったポイントは?

松浦
単純に「ヘルプ・ミー・プリーズ・ナゲッツ」ですよ(笑)シンプルな文章なんですよ。誰もがわかる。

三浦
でもこれ偶然でしょ?

松浦
そうですね。僕が今これを英語で発信したところでここまで行くわけないと思いますし、そういう偶然の積み重ねがあるとは思うんですけどRTされてるやつをいろいろ見ると、ツイッターの中で一つの発言で完結してて面白くて誰もがわかりやすい。さっきのハリウッドスターが並んでるやつも写真ひとつで言語を超えたコミュニケーション。

ちなみに、日本では去年1番多いRTが29万回で紙コップに書かれた某アニメの短編動画で、パラパラ漫画みたいにくるくる回して見せたもの。ツイッターが2016年のRTランキングを発表してますが、日本だとこういう面白動画とか猫とか犬とかそういうのが多い感じですね。芸能人系のはそんなに多くないです。

5月11日放送「ホウドウキョク×FLAG7」より

最終更新:5/13(土) 11:30

ホウドウキョク