ここから本文です

ネモフィラの青紫色の花が満開 広島・庄原の備北丘陵公園

山陽新聞デジタル 5/13(土) 19:48配信

 国営備北丘陵公園(広島県庄原市三日市町)で、ネモフィラの青紫色の花が満開となり、観光客らを魅了している。

 ネモフィラは米国やカナダに多く分布するムラサキ科の植物で、10センチ程度に伸びた茎に直径3センチほどの花をつける。今年は園内のピクニック広場に昨年の2倍となる約100万本を植えており、4月下旬から次々に開花した。

 広場ではミツバチやシジュウカラが飛び交い、訪れた人は高台から一面に広がる花を眺めたり、弁当を広げたり。尾道市から夫と訪れた女性(60)は「愛らしい、きれいな花に囲まれ大満足です」と話した。

 花の植え替えが始まるため、楽しめるのは21日までという。

最終更新:5/13(土) 19:48

山陽新聞デジタル